論文・研究発表データベース

研究発表

国民医療費から見た徒手療法の現状

一般社団法人 全日本カイロプラクティック学会 大槻佳広 小野久弥 松本吉正 【背景】 医療費の増加が社会問題になっている。医療費の増加の要因は6割近くは高齢化によるものと厚労省が発表している。医療費の中には柔道整復、鍼・ …

日本のカイロプラクティック評価「脊椎原性疾患の施術に関する医学的研究」報告の真意を探る

日本のカイロプラクティック評価 「脊椎原性疾患の施術に関する医学的研究」報告の真意を探る 一般社団法人 全日本カイロプラクティック学会 小野 久弥 山崎善秀 吉野俊司 【背景】 日本におけるカイロプラクティックの医学的評 …

統一されていないカイロプラクティック第2報 カイロプラクティックの用語の整理 (サブラクセーション定義)

統一されていないカイロプラクティック 第2報 カイロプラクティックの用語の整理 (サブラクセーション定義) 一般社団法人 全日本カイロプラクティック学会 森田全紀 松本吉正 松本清香 背景 「カイロプラクティック」の語源 …

「正座ができるようになった患者の一症例」

長尾正博 小野久弥 吉野俊司 大槻佳広 一般社団法人 全日本カイロプラクティック学会(ANCA) 【目的】 正座ができなかった患者の両膝可動域がカイロプラクティック施術によって改善できた一症例を報告すること。 【症例】 …

主訴改善に伴う副訴の状況調査 (Part II 頸部編)

全日本カイロプラクティック学会 吉野俊司 松本清香 大槻佳広 山崎善秀 背景 カイロプラクティックは根本療法や原因療法などとよく言われる。それは、病名は指標の一つとして、症状を作っている原因に対してアプローチするからであ …

統一されていないカイロプラクティック

社)全日本カイロプラクティック学会 森田全紀、松本吉正、松本清香 【背景】 カイロプラクティックという言葉は、ギリシャ語のChiro(手)とPrakticos(技術)を組合せた言葉である。 米国で誕生したカイロプラクティ …

主訴改善に伴う副訴の状況調査 (Part1 腰痛編)

社)全日本カイロプラクティック学会 吉野俊司、大槻佳広、松本清香 背景 カイロプラクティックでは、症状を作る機能的異常に対してアプローチする手法をとる。その対象を「サブラクセーション」と呼んでいる。そのため、原因が同じで …

脊柱管狭窄症の疼痛改善に患部以外へのカイロプラクティックアプローチが有効だった一症例

社)全日本カイロプラクティック学会 山崎善秀・吉野俊司 目的 脊柱管狭窄症(以下狭窄症)の疼痛改善に患部以外へのカイロプラクティック(以下カイロ)が有効だった一症例を報告すること。 症例 62才、男性、主訴は歩行時の右下 …

腰痛患者におけるその他の脊柱の痛みの動向

腰痛患者におけるその他の脊柱の痛みの動向 一般社団法人全日本カイロプラクティック学会 大槻佳広、吉野俊司 目的 主訴である腰痛患者の施術前後の、副訴である脊柱の痛み(頸部痛・背部痛)の変化からカイロプラクティックの可能性 …

地域包括ケアの在り方

地域包括ケアの在り方 一般社団法人 全日本カイロプラクティック学会 大槻佳広、松本清香、長尾 【背景】 高齢社会が進み、医療・介護の現場において、今後に向け様々な問題が山積状態である。社会保障はなくてはならないものにも関 …

1 2 3 »
PAGETOP