「ANCA WORKSHOP Vol.10 in神戸」開催のお知らせ

ANCA WAORKSHOP in神戸を開催いたします。

~制度化医療とは何か、カイロ法制化のへの道~

■ 講師: 坂部 昌明(森ノ宮医療大学非常勤講師)
■ 日程: 平成28年2月13日(土)
■ 受付:10:00開始
第一部 10:30から12:00  制度化医療とは
昼食  12:00から13:30
第二部 13:30から15:00  カイロの法制化について
■ 会場: 神戸市立兵庫勤労市民センター 201号室
〒652-0805 神戸市兵庫区羽坂通4丁目1番1号 TEL:078-576-0981
(JR兵庫駅北徒歩3分)
■ 参加費:会員10,000円 非会員12,000円(資料、昼食費含む)

■ 講義内容:

日本国内において、「制度化する」とはどういう意味なのでしょうか。
そして制度化された場合に何が起こるでしょうか。これは、「なりわい(生業)」を制度化する場合には、きわめて重要であり、「達成目標」を定めた上で制度化の路を進めなければ、「窮屈な制度化」になりかねません。この講義では、「理想の制度化」について議論を深めていきたいと思います。

■お申込み:

郵便貯金からの送金は、記号 15160  番号  46016331
なまえ  シャ)ゼンニホンカイロプラクティックガッカイ
銀行からは、ゆうちょ銀行店名  五一八(読み ゴイチハチ)
店番  518普通口座 4601633
名義 シャ)ゼンニホンカイロプラクティックガッカイ

参加申込書

■〆切:2月5日(金)までにお振込みください。

坂部昌明先生※講師紹介
坂部 昌明(さかべまさあき)
略歴:明治鍼灸大学鍼灸学部鍼灸学科卒業
京都府立医科大学大学院医学研究科修士課程修了(法医学)
【現職】公益財団法人 未来工学研究所 客員研究員
森ノ宮医療大学非常勤講師(関係法規)

ANCAからのお知らせ

2012年11月3日に発表されました、「秋の褒章」において、平素より、当学会が大変お世話になっております一般社団法人日本統合医療学会の渥美和彦先生が『瑞宝中綬章』を拝受されました。

今回は、渥美先生の「教育研究功労」を称えての授章という事です。

日頃より、日本に於ける医療を真摯に受け止め、統合医療の発展・推進にご尽力いただいてる先生のお言葉である「全人的医療」がもっともっと人々に定着することに、私たちも一緒に貢献させて頂きたいと切に思っております。

来る11月9日(金)には、国立劇場にて開催される表彰式典にて表彰を受け、その後皇居に参内されるそうです。

「渥美和彦先生おめでとうございます。この度の授章を一般社団法人全日本カイロプラクティック学会会員一同、心よりお喜び申し上げます。」

「ANCA WORKSHOP Vol.7 in 京都」開催のお知らせ

『ANCA WORKSHOP Vol.7 in 京都』を開催いたします。

~統合医療におけるカイロプラクティックと医療経済効果~

  • 講師:小野直哉(日本統合医療学会代議員)
  • 日程:平成24年7月15日(日曜日)13:00~16:00(12:30より受付を開始します)
  • 会場:勧業館・みやこめっせ
    京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
  • 参加費:5,000円(資料等を含む)
  • 講義内容
    日本統合医療学会代議員である小野先生に、海外の統合医療事情とそこにかかわるカイロプラクティックの状況を通じ、日本の統合医療におけるANCAの役割を探ります。ご専門である医療経済や公衆衛生など多方面から分析していただきます。

  • お申込:(社)全日本カイロプラクティック学会
    http://www.allnipponchiro.org/
    東京都品川区西五反田4-24-9-101
    電話:(03)5719-7388
  • 締切
    平成24年7月11日(木)

※講師紹介

小野直哉(おのなおや)先生の略歴

日本統合医療学会 代議員
明治鍼灸大学卒業後、同大附属病院卒後研修生、京都大学大学院人間・環境学研究科、京都大学大学院経済学研究科、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科医療経済学分野、京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻博士後期課程を経て、財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会医療経済研究機構研究部リサーチ・レジデント、財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会医療経済研究機構研究部協力研究員、財団法人先端医療振興財団クラスター推進センター科学技術コーディネーター、特定非営利活動法人バイオグリッドセンター関西科学技術コーディネーター、同志社大学感情・ストレス・健康研究センター嘱託研究員等に従事。
現在、財団法人未来工学研究所主任研究員(特別研究員)Senior Executive Research Fellow,International Institute of Health and Human Services,Berkeley,U.S.A.、明治国際医療大学非常勤講師。
学会活動:全日本鍼灸学会(理事待遇副会長補佐)、日本統合医療学会(代議員)、医療経済学会(会員)、日本未来学会(常任理事)など。

ANCAカイロプラクティック賠償責任保険 12月度加入受付開始のご案内

 ANCA事務局からのお知らせです。
【ANCAカイロプラクティック賠償責任保険 12月度加入受付開始】
 ANCAカイロプラクティック賠償責任保険の受付を開始いたします。
保険料    ¥10,000(諸雑費含)
お申込期限  11月15日ご入金確認分まで
お申込書類  [wpdm_file id=1]
お申込方法
 所定の書類をANCAサイトよりダウンロードしていただき、office@allnipponchiro.orgまで添付してご送信ください。
 ゆうちょ銀行のANCA口座にお振り込み頂いた事を確認させた頂いた時点で、お申込の受付が完了です。
 ANCA賠償責任保険は、年3回の受付となっています。

  • 4月 (3月15日入金確認分まで)
  • 8月 (7月15日入金確認分まで)
  • 12月 (11月15日入金確認分まで)

 今回は、12月度の受付です。これまで賠償責任保険に加入していたけれど、失効している方、まだ賠償責任保険に加入をされていない方は、このチャンスにぜひご加入下さい。
 ANCA未入会の方
 ANCAカイロプラクティック賠償責任保険ご加入は、ANCAご入会が必須です。お手続きには、1~2ヶ月かかる場合がございますので、お早めにお申し込み下さい。11月に入ってお申込をされますと、翌4月の受付になる場合がございます。
 早めの保険ご加入をご希望の際は、事務局にご相談下さい。
 ANCA賠償責任保険の詳細は、「ANCAカイロプラクティック賠償責任保険(仮称)」の取り扱いについて
を、ご覧下さい。

一般社団法人エビデンスに基づく統合医療研究会の設立記念シンポジウム参加報告

 10月1日、

 一般社団法人エビデンスに基づく統合医療研究会の設立記念シンポジウムに参加し、IMJ理事長の渥美和彦先生の基調講演を拝聴しました。

 渥美理事長のお考えの統合医療について、また今後の統合医療の進むべき方向をお伺いし、私たちカイロプラクティック従事者が進むべき道筋を、再確認することができました。

 統合医療の中で、我々補完代替医療に携わる者として、今後も、個人に対し全人的な包括的ケアーを目指していきたいという思いを更に深めることができました。

東日本大震災でのボランティア活動報告

海辺

 平成23年6月30日から7月2日まで、宮城県仙台市を中心に東日本大震災の視察と援助物資の提供、及び看護師を中心とした「東日本高齢者ケアプロジェクト」会議へオブザーバーとして参加をしてまいりました。 農地

  • 仙台市では、港を中心に沿岸部の被災状況を視察いたしました。
  • 名取市では、空港そばの養豚業者の方から、被災当時のお話をうかがいました。
  • 石巻市では、黄金浜会館で活動中のキャンナス(全国訪問看護ボランティアの会)仙台中央支部の責任者の方にお会いし、現状をうかがいました。また、わずかではありますが、水・マスク・蠅取り紙・ポカリスエット粉末・蚊取り線香といった物資を提供させていただくことができました。
  • 仙台市内で行われた、東日本高齢者ケアプロジェクト会議に、オブザーバーとして参加いたしました。

 

被災住宅 今回は、全日本カイロプラクティック学会(以下ANCA)として何ができるのかという点を調査するための視察が中心でした。参加者はANCA事務局スタッフを中心とした5名でした。
 視察の趣旨は、まず視てくること。状況を知らずして、語ることはできない。実際、想像をしていたより遙かに複雑な状況で、単純にああすればいい、こうすればいいという考え方はできないことを確認しました。
 今後のボランティアスタッフの派遣に関し、多くの示唆を得ることができ、有意義な視察となりました。
 訪問先でお世話になった皆様、大変お忙しい中お邪魔させていただき、ありがとうございました。

2011年度 通常総会開催報告

 去る平成23年5月29日(日)15時より、広島県尾道市に於いて、平成23年度「全日本カイロプラクティック学会(以下、ANCA)」通常総会を開催いたしました。
今回は、特に東日本大震災によって被災された方々に対して、どのようなことがANCAとして出来るのか、という点が重要なテーマとなりました。
 他には、会員資格に関する扱い。その中でも賛助会員の入会に関する決定や、日本統合医療学会(以下、IMJ)への認定資格希望者の推薦基準の決定をいたしました。

■会員資格の扱いと役員人事に関して■

 会員の扱いとして、WHO国際基準の4カテゴリーを基準に、基準を満たしている(正会員)満たしていない(準会員)という区分をもうけています。
 しかし、ANCAでは、会員区分に関わらず、公平な扱いを今後とも継続し、学会を運営していくことを確認いたしました。

-ANCA顧問に関して-

 また、当会の役員人事は平成22年度通常総会において決定していますが、外部から「顧問に関する問い合わせ受ける事がある。」という事務局からの報告がありました。
 そのため、更なる齟齬の発生を抑制することを目的とし、通常総会議事の中において、役職のスリム化を図ることにより、会の意思決定にかかる時間を短縮することを目的に、当面はANCAの役職には「顧問」を置かないことを改めて確認いたしました。

■賛助会員資格に関して■

現在、カイロプラクター以外の方の入会希望がある。とのことで、賛助会員加入条件の詳細を決定しました。

賛助会員入会要綱
入会事務手数料

¥1,000

入 会 金

¥5,000

年 会 費

¥6,000

入会資格

カイロプラクター(カイロプラクティックを学ぶ学生を含む)以外の者

会員資格

総会において議決権を有さないこと以外は、正会員と同等の権利を有するものとする。

入会用の書類

正会員用の書類に新たな項目を追加し用意する。

※カイロプラクターは賛助会員としての入会は出来ないものとする。

■IMJ認定資格取得・更新希望者の推薦条件■

 ANCAが賛助会員として加入している、IMJへの認定資格取得希望者及び、取得済み資格更新希望者への推薦に関しては、ANCA会員乃至はANCA会員に準じる方であることを条件とすることを改めて確認、決定いたしました。
 IMJ認定資格のカイロプラクティック分野に関しては、当ANCAと日本カイロプラクターズ協会どちらかの推薦が必要となっています。法制化が未整備な段階のため、認定資格(WHOの容認基準に合致しているか否かの判定)は推薦団体が担保しています。当然ですが推薦団体としてのANCAは、会員以外の認定資格者への担保はできません。
 そのため、これまでANCAとして推薦させていただいた方々が、ANCA脱退等によりANCA会員資格を喪失された場合、ANCAとしての推薦は致しかねますので、ご了解ください。
 なお、IMJに対しても、本件に関しての申し入れを行う事にいたしました。

■東日本大震災復興支援に関して■

 4月に行われたIMJによる復興支援視察に、ANCA会員が同行させていただきました。そこで見た現状を、総会の中で発表していただいたのですが、ANCAとして出来るボランティアなどの行動を行うことを決議いたしました。

■事業報告と事業計画に関して■

ANCA会員様へ。
 事業報告と事業計画、上記決議事項等を、会員更新手続き用書類と共に発送させていただく予定です。
 更新手続きの際には是非、事業内容のご確認をお願いいたします。
 これを以て、平成23年度通常総会開催報告といたします。
以上

東日本大震災視察レポートと復興への協力

石巻湊中学校校舎 去る4月24日から27日にかけて、日本統合医療学会第1回現地視察にANCA事務局が同行させていただき、宮城県石巻市に赴いた際、ミネラルウォーターを石巻湊中学校に寄贈させていただきました。
石巻湊中学校では、大変喜んでいただけたことを、ここにご報告いたします。

 以下は、参加メンバーのレポートです。

 今回、最初に訪れた仙台市郊外で目にした未曾有の災害が与えた被害の大きさに私たちは言葉を失いました。
そして、完全復興には、余程長い時間が必要であると感じました。
しかし、現地で黙々と復興ににあたる作業員の方々や被災に遭われた方々の逞しくも力強い生き様に感動すら覚えました。
視察では数か所の被災地域を回りましたが、どこの被災状況も想像を絶した酷さで、津波の恐ろしさを改めて感じさせるものでした。
※写真は、石巻湊中学校校舎内の状況です。

 行程表

24日 IMJ関係者と都内から支援物資を積んで車で出発

同日 宮城県仙台市若林区被災地視察

25日 宮城県沿岸数カ所の被災地視察

IMJ関係者らと 七ヶ浜町長と会談 岩沼市教育長と会談 他数カ所被災地視察

26日 石巻市 石巻湊中学校避難所訪問

現地キャンナス他ボランティアスタッフと現地の状況をインタビューする
サプリメント 水ペットボトル 漢方薬等の支援物資を届け大変喜ばれる

27日 福島県 いわき市 太平洋沿岸の被災地を視察

放射能20キロ規制限界域まで車で現地移動

以上