肩関節周囲炎(四十肩)に対してカイロプラクティックが有効であった一症例

肩関節周囲炎(四十肩)に対してカイロプラクティックが有効であった一症例

(社)全日本カイロプラクティック学会
森田全紀、吉野俊司、小野久弥

 [目的]

肩関節可動域減少とそれに伴う疼痛に対してカイロプラクティックが有効であった一症例を報告すること。

[症例]

40才、女性。主訴は右肩関節の疼痛と外転障害。

[現病歴]

X年3月仕事中に右肩に激痛が走り右腕を挙上出来なくなった。病院でレントゲン、MRI検査をしたが骨に異常なく肩関節周囲炎と診断を受けた。服の脱着が 困難な程痛みが強く、今は鎮痛剤の服用とリハビリ、電気治療を行っている。疼痛はやや改善したが肩関節の可動障害には改善なし。担当医からは経過観察との ことであったが変化なく、痛みを解消するため当院に来院した。

[所見]

問診や徒手検査等の結果、肩に疼痛が発症し外転できなくなったと思われる。正常な腕の外転可動域は180°だが、右腕外転の自動運動は60°他動的な肩関節の可動域が100°あり肩関節は正常と判断し除外した。しかし肩甲骨・鎖骨の可動域が、脊柱の歪みから筋肉・神経系のトラブルにより、残りの80°に動きが制限 されたものと思われ、カイロプラクティック適応と判断した。

[評価]

施術前に肩関節疼痛の程度をVAS値で判定し、外転角度の比較を行った。

[治療・経過]

X年X月に初診で来院。関節可動域と神経伝達障害の改善を目的にカイロプラクティックを行った。初診時施術前のVAS100・外転100°(以下同順)、2回目70・130°、3回目40・170°4回目10・180°の改善がみられた。

[考察]

カイロプラクティックは筋肉の炎症による肩関節の可動域減少や神経伝達障害を改善し、肩関節の挙上に伴う痛みを軽減できただけでなく、可動域を正常程度に回復させることで体の不調を解消・改善することができると考える。

[結語]

肩関節可動障害とそれに伴う疼痛に対してカイロプラクティックは有効である可能性がある。

©2016 All Nippon Chiropractic Association
無断転載を禁止します。

日本国内の医療施設と医業類似行為施設の現状

日本国内の医療施設と医業類似行為施設の現状

一般社団法人 全日本カイロプラクティック学会
小野 久弥、山崎善秀、小山尚、松本吉正

【背景】

昨年の日本統合医療学会山口大会において、関西2府4県の医療施設と医業類似行為施設の現状について発表した。今回、更に関西から全国へと展開して医療施設と医業類似行為施設の現状を調査した。

【目的】

医療施設と医業類似行為施設の普及状況や種別、資格などを調査して実数を把握しその結果を考察すること。

【方法】

国内の医療施設数、国家資格者数などを、厚生労働統計一覧全国医療施設統計分類表2016年3月発行から、またその他の医業類似行為施設数は、NTTが提供する電話帳iタウンページインターネット版(2016年5~6月)に登録されている施設を検索して件数、種別、資格などを調査した。

【結果】

【施設総数316,016件】

医療施設:病院8,453件、一般診療所101,162件、歯科診療所68,843件
医業類似行為施設:「鍼灸、あん摩・マッサージ・指圧」29,563件、柔道整復34,489件、「整体・カイロ・療術系」73,506件

【国家資格者数】

医師311,205人、歯科医師103,972人、「はり師・灸師」215,179人、「あん摩・マッサージ・指圧師」113,215人、柔道整復師63,873人、「整体・カイロ・療術系」0人であった。

【考察】

医業類似行為で国家資格化されている「鍼灸、あん摩・マッサージ・指圧」、柔道整復などの施設数は総数の20%を占める。また「整体・カイロ・療術系」においては国家資格ではないが、しかしその施設数は総数の23%をも占めていて、いわゆる医療施設以外の医業類似行為施設トータル数は、全体の43%にも及ぶ。
この結果は、制度的治療システムである近代医療以外の場や方法で、また医師以外の施術家により、疾病の予防、健康の維持・増進また、相補・補完医療として国民の支持を得ているものと考察する。

【結語】

医業類似行為施設数は、国家資格化有無に関わらず、地域性はあるが、その数は総施設数のほぼ半数に及ぶ。この事実は、近代医療とその他の医療が相補・補完関係にあり、一つの医療システムを成していると言える。

【キーワード】医業類似行為、国家資格、利用者

©2016 All Nippon Chiropractic Association
無断転載を禁止します。

骨折に起因する全身症状にカイロプラクティックが有効だった一症例

骨折に起因する全身症状にカイロプラクティックが有効だった一症例

 (社)全日本カイロプラクティック学会(ANCA)
山崎善秀・小野久弥・森田全紀・小山尚

(目的)

骨折に起因する関節の可動障害と疼痛がカイロプラクティックにより改善された一症例を報告すること。

(症例)

71才、女性、主訴は橈骨骨折後から発症した関節可動制限と前腕部から上半身に広がる疼痛。

(現病歴)

X年6月後方転倒で左橈骨遠位端骨折。ギブス固定が効果なく、7月プレート固定をした。8月同病院でホットパック、低周波、マッサージのリハビリテーションを受けたが、左手首から肘、肩及び首から背中にかけての張りや痛みが改善せず熟睡が出来ない。担当医に症状を訴えるが「患部の手術は問題なく、今痛みが出るのはやむを得ない」との説明を受ける。その後リハビリテーションを休止し、8月下旬当院に来院した。初診時の施術前ペインスケールVAS80、左肩関節の外転角度100°

(所見)

転倒時、骨折部から手根骨、肘、肩、脊柱まで捻じれや関節可動障害をおこしたことで、神経圧迫や筋緊張があり、肘関節の伸展と肩関節の外転に制限があった。

(評価)

毎回、施術前に左前腕から左上半身に広がる痛みの程度をVAS値で判定し、また左肩関節の外転角度の比較をした。

(治療・経過)

X年8月2~3日に1度の間隔で手根骨、肘、肩関節、脊柱の関節可動の改善によって神経圧迫と全身バランスの回復を目的としてカイロプラクティックを行った。2回目VAS60・外転140°(以下同順)、3回目60・160°、4回目40・160°、5回目20・160°、6回目20・160°、7回目10・180°の改善がみられた。尚、カイロ施術期間中は病院のリハビリは休止した。

(考察)

転倒時の衝撃は患部のみならず全身にまで影響を及ぼし、関節可動・神経伝達障害をおこしたと考えられる。骨折箇所の回復だけでなく、カイロプラクティックで全身の機能的な不具合を解消することは患者本来のQOLやADLを早期に取り戻す一助になると考える。

(結語)

骨折に伴う関節の可動障害及び疼痛にカイロプラクティックは有効である可能性がある。

©2016 All Nippon Chiropractic Association
無断転載を禁止します。

腰痛を主訴とする施術からみた副訴を含む全体の改善状況を調査する。

腰痛を主訴とする施術からみた副訴を含む全体の改善状況を調査する。

全日本カイロプラクティック学会
吉野俊司 松本吉正、大槻佳広

背景

カイロプラクティックでは、症状ではなく状態に対する施術を行っている。そのことを「サブラクセーションをアジャストする」と言っている。主訴は、来院動機の症状ではあるが、我慢をしている他の症状(副訴)も同時に持っている場合が多い。主訴を含む複数の症状の原因が同じ場合、施術を行うことで主訴だけでなく副訴も同時に改善された実例が多々ある。

目的

腰痛を主訴とする患者にカイロプラクティックを用いることで副訴の改善状況を調査すること。

方法

調査のカルテ利用に承諾の当院利用者による電子カルテ2年分(2014年4月1日~2016年3月31日まで)につき、1カルテに4症状記載の施術記録を調査。
最初の症状(主訴)が腰痛である電子カルテの10段階簡易型ペインスケール欄が無記入及び施術前後が0のものを除く91件の4症状で合計数値、主訴である腰痛の数値、2~4番目の副訴単体の数値、それぞれの施術前後差を集計、評価した。

結果

4症状合計数値の前後差では、マイナス3件3.30%、変化無し6件6.59%、改善82件90.11%であった。(以下同順)
主訴:腰痛では、3件3.45%、22件25.29%、62件71.26%であった。
副訴総数273件では、6件2.50%、50件20.83%、184件76.67%であった。

考察

主訴である腰痛の改善71.26%に対し、副訴の改善76.67%は、主訴以上に副訴の改善がみられる。施術全体を表す4症状合計数値の前後差では改善が90.11%であり、部分的には症状の緩和にばらつきがみられるが、1施術において、主訴である来院時の特定の症状が改善しているというよりは、各部位に出ていた諸問題が全体として改善されていると考える。

結語

カイロプラクティックは症状ではなく、神経系の健全さに影響を及ぼす機能的、構造的または病理的関節変化の複合体にアプローチする。

©2016 All Nippon Chiropractic Association
無断転載を禁止します。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状緩和にカイロプラクティックが有効だった一症例

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状緩和にカイロプラクティックが有効だった一症例

(社)全日本カイロプラクティック学会
山崎善秀 長尾正博 小山尚

(目的)

カイロプラクティックでSAS患者の症状が緩和された一症例を報告すること。

(症例)

49才、女性、身長152cm、体重52kg。主訴は日中の強い眠気。

(現病歴)

1年半前より日中に強い眠気を感じていた。X年1月病院でパルスオキシメトリー検査の結果、重度のSASと診断された。病院で処方されたCPAP療法を試したがマスクの違和感で2日後に断念、他マウスピースや外科的療法は実施していない。バイタル及び生理学的検査は異常なし。

(所見)

患者の姿勢が猫背で背筋群の過緊張があった。これにより睡眠時に自然な呼吸サイクルが出来ていないと推測される。頚椎及び腰椎・仙腸関節に変位はあったが、日常動作に支障をきたす可動制限はなし。

(評価)

パルスオキシメトリー検査の数値と立位側面姿勢の変化を比較・評価した。

(治療・経過)

X年4月カイロプラクティックを開始。1ヶ月目は週2回、2ヶ月目からは週1回、3ヶ月目からは隔週1回の施術を行った。また簡単な胸椎のストレッチも指導した。
X年1→6→9月の検査の結果、睡眠時無呼吸指数(Dip)>=2%45.0→8.35→19.8、>=3%36.1→4.82→12.8、>=4%30.1→3.05→8.8であり、睡眠中酸素飽和度(SpO2)平均値96%→96.07%→97%、最低値88%→86,8%→84%、脈拍数bpm(拍/分)平均値68→61.55→63、また睡眠1時間あたりの呼吸停止または低下指数(AHI・回/時)1月43,3、9月17,0の変化があった。立位側面姿勢の比較では猫背の改善もみられた。
尚6、9月には日中の強い眠気は改善された自覚症状がある。

(考察)

カイロプラクティックにより身体バランスが整ってきたことで背部の筋緊張が緩和され、睡眠時において頚部から胸郭部がリラックスした状態になったと考えられる。その結果SASの原因である気道閉塞が緩和され、自然な呼吸サイクルが回復したと考える。
課題として本症例の経過観察及び他のSAS患者にも同様の調査を行いたい。

(結論)

SASの症状緩和にカイロプラクティックは有効である可能性がある。

©2015 All Nippon Chiropractic Association
無断転載を禁止します。

月経周期異常に対するカイロプラクティック介入の調査

月経周期異常に対するカイロプラクティック介入の調査

一般社団法人 全日本カイロプラクティック学会
森田全紀 松本吉正 松本清香

【目的】

月経周期異常に対するカイロプラクティックの効果を調査する。

【方法】

2012年4月1日から2013年3月31日までの1年間に当院において、初診時の問診で月経周期異常を主訴として訴えた13名について、年代別、出産経験の有無で改善数を調査した。調査期間は初診時から6ヶ月間で、月経周期が25日~38日になった状態を安定とする。安定した状態が3ヶ月以上続いたものを改善とみなす。

【結果】

年代別では、10代3名中3名、20代5名中5名、30代3名中2名、40代2名中2名でそれぞれ改善され、改善なしは30代の1名のみであった。出産経験別では出産経験無し9名中8名が改善され、1名が改善なしであったが調査終了後に改善された。出産経験有り4名中では全例が改善された。

【考察】

すべての年代別で改善をしていることから、どの年代に対してもカイロプラクティックが改善に有効な手段であると考察できる。また、出産経験別においても改善をしていることから、カイロプラクティックの効果は出産経験の有無に左右されず効果を発揮すると考察できる。今回はカイロプラクティックだけの調査であったが今後は調査対象数を拡大し他の分野も視野に入れた調査が必要であると考えられる。

【結論】

カイロプラクティックは月経周期異常の改善に対して年代や出産経験に関わらず有効な手段のひとつであると考えられる。

©2015 All Nippon Chiropractic Association
無断転載を禁止します。

水泳による膝関節炎の疼痛に対しカイロプラクティックで効果があった一症例

水泳による膝関節炎の疼痛に対しカイロプラクティックで効果があった一症例

一般社団法人全日本カイロプラクティック学会
松本吉正 吉野俊司 小野久弥 大槻佳広

【目的】

水泳のスポーツ障害による膝痛が再発した症例に対し、カイロプラクティックで効果があった1症例を報告する。

【症例】

35歳女性。主訴は膝痛。

【現病歴】

17歳の時、平泳ぎで膝痛を訴え外科に通院。ブレストストロークニーによる膝の関節炎と診断を受ける。治療は、両膝に鎮痛注射と温熱療法、鎮痛薬の服用。水泳引退後、違和感はあるが膝痛は無くなった。32歳の時、階段を降りた際、膝に激痛が走る。その後半年程かけて徐々に痛みが両膝に広がり、傾斜や段差には歩行困難をきたし、X年12月当院を受診した。

【所見】

視診にて左右の膝蓋骨に歪みが見られた。両膝蓋骨の下方内側周辺には熱感と腫脹があった。徒手検査では、両膝とも膝蓋骨周囲の炎症と内側側副靭帯の損傷が疑われた。

【評価】

痛みの判定にはVAS値を用いた。

【治療・経過】

施術前の両膝痛はVAS100であった。自宅でのケアと、週1回のカイロプラクティック施術を行った。3ヶ月程でVAS左55右68に減少した。膝痛が改善し腫脹が軽減すると痛みの強かった箇所に膝蓋の動きを明らかに制限する硬結が出現した。硬結に対しカイロプラクティック軟部組織テクニックで対応しながら、膝痛の改善治療を継続し、6ヶ月後には、VAS左15、右25に改善した。月1回の施術を現在も継続中である。

【考察】

現役時に疼痛管理のみを行った結果、軟部組織が硬結化し、膝関節の歪みが発生し、長期間使用が、動作制限と疼痛を再発させたと考えられる。カイロプラクティックにより歪みを修正し、硬結にカイロプラクティック軟部組織テクニックで改善したと考察する。特にスポーツ障害の治療は疼痛管理のみでは不十分で、動作状態や動作制限要因に対するアプローチがQOL向上には必須であると考える。

【結語】

痛みを中心とした疼痛管理と、身体機能を中心としたカイロプラクティックを併用することで、水泳のスポーツ障害による膝痛を軽減できた。

©2015 All Nippon Chiropractic Association
無断転載を禁止します。

急性腰痛(ぎっくり腰)患者に対してカイロプラクティック施術で著効があった一症例

急性腰痛(ぎっくり腰)患者に対してカイロプラクティック施術で著効があった一症例

 一般社団法人全日本カイロプラクティック学会
小山尚、小野久弥、長尾正博

【目的】

平成22年度国民生活基礎調査(健康)によると、15歳以上の総症状有訴者3,654万人中、腰痛有訴者は1,299万人あり総症状有訴者の36%を占め、最も多かった。腰痛はおおよそ機能的、構造的、病理的な要素が起因すると言われているが、最近では腰痛の原因は心理的要素が関係するとの情報がクローズアップされるなど、腰痛には数多くの原因があると言われている。しかしここでは、その中でも急性腰痛(ぎっくり腰)患者に対して1回のカイロプラクティック施術で著効があった一症例を報告する。

【症例】

79歳男性 職業:運送業  主訴:労作時においての急性腰痛

 【現病歴】

平成26年4月、約5kgの商品を車両から降ろした後、前屈姿勢で商品を少し持ち上げ、上体を右に捻じったとき、腰部に激痛が生じ、動けなくなった。その後30分後に来院し、カイロプラクティック施術を行った。

【所見】

検査結果から、左仙腸関節における腸骨の後下方変位、骨盤の左回旋変位、仙骨の左傾斜、左回旋変位、腰椎生理彎曲の前彎減少(後方変位)、そして腰椎4番に右回旋変位が認められた。

【評価】

問診や、検査結果から、本腰痛の主原因は、腰椎3番神経根の圧迫障害と考えられた。

【治療・経過】

腰椎4番を左回旋矯正で正中線上に戻して、腰椎3番神経根の圧迫を開放したことにより、約1時間後には腰部の疼痛は解消された。

【考察】

本症例では、腰痛発症の直接原因が腰椎の回旋変位からくる椎間孔狭窄で、脊髄神経根を圧迫した結果であると考えられる。ときおり、神経根圧迫は下肢への神経根症状を呈するが、本症例では下肢への症状は発症していない。

【結語】

腰椎に可動性のあるアライメントの維持と、腰椎生理彎曲の前彎を維持することは腰痛改善と急性腰痛(ぎっくり腰)の予防にもつながる可能性があると考えられる。

©2015 All Nippon Chiropractic Association
無断転載を禁止します。

カイロプラクティックによる月経前後の腰部痛改善の検討

カイロプラクティックによる月経前後の腰部痛改善の検討

一般社団法人 全日本カイロプラクティック学会
森田全紀、松本吉正、松本清香

〔背景〕

カイロプラクティックは背骨の矯正のみと一般的には認知されているが、カイロプラクティックにより月経前後の腰部痛改善等を臨床例で経験する。カイロプラクティックによる月経前後の腰部痛に対する改善を調査(検討)した報告はほとんどない。

〔目的〕

カイロプラクティックによる月経前後の腰部痛に対する改善の有無を調査し検討する。

〔方法〕

2013年4月から1年間、当院で初診の問診時に、腰部痛の発症時期を月経前後とその他に鑑別した。月経前後に腰部痛を訴えた女性で年齢・出産経験の有無により分類調査した。介入方法はカイロプラクティックとした。
調査期間は初診時より6ヶ月間とし、初診時より腰部痛が軽減された状態を改善とした。

〔結果〕

調査人数は49名を対象とした。
年齢別は、10代13名中11名改善、20代16名中14名改善、30代11名中9名改善、
40代6名中5名改善、50代3名中3名改善。
出産経験の有無では、出産経験有り20名中20名は改善した。
出産経験無しでは29名中22名が改善した。

〔考察・結論〕

調査結果によりカイロプラクティックは年代別、出産経験の有無、医療機関の受診に関わらず、月経前後の腰部痛の改善に有効な療法のひとつであると考えられる。
人体(関節)機能可動域に及ぼす筋群の変動により機能的・構造的に発生する神経伝達障害により引き起こされる腰椎・仙骨・腸骨の角度変動を起こす部位の筋群緊張を解消(弛緩)することにより正常化が出来ると考えられる。
月経前後の腰部痛においても、生活習慣により影響されることが多いために問診時の情報収集を必要十分におこなうことが重要であるとともに、臨床試験に?げることでエビデンスを構築することが必要と考える。
月経前後の腰部痛は多岐にわたる症状も誘発されると考えられるために、機能的・構造的以外にも内科的症状も考慮する必要がある。
課題として50代では閉経している症例もあり、別途の調査も必要と考えられる。

〔結語〕

カイロプラクティック介入は月経前後の腰部痛を軽減できるひとつの有効手段である可能性がある。

©2015 All Nippon Chiropractic Association
無断転載を禁止します。

腰痛を主訴とする患者の頭痛を軽減した一症例

腰痛を主訴とする患者の頭痛を軽減した一症例

全日本カイロプラクティック学会
吉野俊司 山崎善秀 松本吉正

【目的】

腰痛を主訴とする患者の頭痛が軽減できた一症例を考察する。

【症例】

32歳男性。主訴は腰痛だが、頭痛も時々感じる。

 【現病歴】

21歳の時に腰部椎間板ヘルニアの手術を受けたが、その後も毎年腰痛になるため、X年6月に当院を受診。
その際、施術記録を利用する了解は得ているが、後日改めて症例研究への了解を得た。

【所見】

視診により、胸椎、腰椎の生理弯曲の減少と、下部腰椎への負荷増大傾向が診られた。
徒手検査では、腰部は伸展5°屈曲12°SLR右70°左75°、頚部は、下部に炎症があり、触診では、環椎後頭関節に可動抑制があった。

【評価】

痛みの判定には、VAS値を用いた。

【治療・経過】

腰部の可動性回復を目的に、カイロプラクティックをおこなった。主訴である腰痛は、初回来院時施術前VAS 80であった。2・3回目の施術前に回旋、側方への歪みを確認。3回目には施術前VAS 35(術後10)と推移している。また、治療時に若いころから(20歳ころより)左目奥に圧迫を感じる頭痛を自覚していた事が発覚。頭痛での病院受診歴はな い。頭痛の症状に関しては、病院への受診を勧めた。しかし、3回目の施術前に頭痛VAS 60であったが術後VAS 10に減少。その後頭痛なし。

【考察】

腰痛の原因である腰部の可動回復のため、胸部や頸部を矯正する必要があった。腰痛改善と同時に頭痛が軽減されたことは、カイロプラクティックが複合的に発生している諸症状を軽減することが可能であることを示唆していると考える。
課題として、主訴以外の他の諸症状についても今回の頭痛と同様の事例があるため、更なる調査を行う必要があると考える。

【結語】

カイロプラクティックは、主訴発症の原因を軽減することで頭痛といった主訴以外の諸症状も同時に軽減できる可能性がある。

©2015 All Nippon Chiropractic Association
無断転載を禁止します。