ANCAからのお知らせ

2012年11月3日に発表されました、「秋の褒章」において、平素より、当学会が大変お世話になっております一般社団法人日本統合医療学会の渥美和彦先生が『瑞宝中綬章』を拝受されました。

今回は、渥美先生の「教育研究功労」を称えての授章という事です。

日頃より、日本に於ける医療を真摯に受け止め、統合医療の発展・推進にご尽力いただいてる先生のお言葉である「全人的医療」がもっともっと人々に定着することに、私たちも一緒に貢献させて頂きたいと切に思っております。

来る11月9日(金)には、国立劇場にて開催される表彰式典にて表彰を受け、その後皇居に参内されるそうです。

「渥美和彦先生おめでとうございます。この度の授章を一般社団法人全日本カイロプラクティック学会会員一同、心よりお喜び申し上げます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください